Archive for the UR賃貸の特徴 Category

12月 20 2017

UR賃貸のメリットとデメリット

UR賃貸住宅は、公的の賃貸住宅なので人気があります。

従来の公団住宅や最新設備を備えた住宅もあり、注目されています。

UR賃貸住宅のメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。

《UR賃貸住宅のメリットとは》

民間の賃貸住宅を契約する時は、敷金、礼金、仲介手数料、更新料が必要になります。

しかしUR賃貸住宅では、礼金、仲介手数料が要りません。

また、更新料もかからないのでかなり費用が節約できます。

また、普通は入居するにあたり保証人が必要ですが、UR賃貸住宅では保証人も要りません。

火災保険の加入義務もないため、手間も費用もかかりません。

そして、物件の敷地が広いのが特徴で、物件によっては敷地内に公園や病院、保育園があるところもあります。

部屋の一つ一つが広く作られているのもメリットと言えるでしょう。

《UR賃貸住宅のデメリットとは》

メリットがたくさんあるUR賃貸住宅ですが、デメリットもあります。

家賃は部屋が広いほど高くなりますから、やや広めの物件であるUR賃貸住宅は、家賃が高めに設定されています。

そして物件によるのですが、駅からのアクセスが悪いところもあり、駅からバスに乗らなければならないこともあります。

また、古い物件はエレベーターがなかったり洗濯の排水をふろ場にするようなところがあるので確認が必要です。

《メリットが多いUR賃貸住宅》

メリットとデメリットを挙げましたが、総合的に考えてもメリットの方が大きいと言えます。

古い物件はリニューアルされていることも多いので、不便を感じることはないでしょう。